Ch.かめうさぎ

カメとウサギが違う速度でニュースを追いかけます

注目の新素材「グラフェン」のペンキが与える衝撃とは

   

注目の新素材「グラフェン」のペンキが与える衝撃とは

「グラフェン」という素材を知っていますか? これは、炭素原子を六角形に並べてできた、原子ひとつ分という極めて薄いシート状の構造のこと。非常に強度が高いことでも知られていて、引っ張り強度では、世界最強だとか。

そんなグラフェンを含んだペンキ「Graphenstone」が注目されています。

グラフェンによる
薄くて強い塗膜

これは、スペインの企業がナノテクノロジーによって実現した、画期的な「高性能ペンキ」。グラフェンによって、これまで考えられなかったほどの強度を実現していると言います。

塗膜が強いということは、薄くてもOKということ。1リットルで塗れる面積は、なんと128平方メートルで、これは畳で言えばおよそ70枚分。重ね塗りをする必要もないので、手間もかかりません。

石灰ベースで安全性も高く
CO2も吸収

さらにこのペンキ、主成分は石灰です。石灰は自然に優しい天然素材なので、有機溶剤や重金属も含まなず、安全性も期待されています。つまり性能面だけじゃなくて、エコでもあるんです。

また石灰は、二酸化炭素(CO2)を吸収する性質もあるので、緑がたくさんある場所のように、空気を綺麗にしてくれる効果も。  

脱・ヒートアイランド

「Graphenstone」のアジア・太平洋地域マネージャーであるJorge Gill氏は、こう述べます。

「グラフェンが熱を閉じ込めてくれるので、暑い日でも室内の温度は上がりにくく、寒い日には温かさをしっかり保ってくれます。塗装全体に熱が広がり保たれるので、ヒートアイランド現象が起きにくくなるのです」

日進月歩のナノテクノロジー。世界中の建物がグラフェンで包まれる日も、そう遠くないかも?

Licensed material used with permission by Graphenstone

 - 一般

×
バイトリン