Ch.かめうさぎ

カメとウサギが違う速度でニュースを追いかけます

【泣いた!】9歳の少年がクリスマスプレゼントのXboxを諦めてホームレスに毛布を寄付したところ、本物のサンタからプレゼントをゲット!

   

【泣いた!】9歳の少年がクリスマスプレゼントのXboxを諦めてホームレスに毛布を寄付したところ、本物のサンタからプレゼントをゲット!

%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%BF_2.jpg

1: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2017/12/18(月) 19:34:43.14 ID:CAP_USER9.net

xSfR5jDPqj.jpg

アメリカ・オハイオ州のビーチウッドで暮らす9歳のミカ・フライ君が、寒くなってきた季節をホームレスたちが乗り切れるようにと、自身がクリスマスプレゼントにもらおうと思っていたXboxを諦め、大量の毛布をお願いしました。

このストーリーは反響を呼び、最終的にフライ君はMicrosoftのサンタクロースから念願のXboxをプレゼントされることとなります。

一連の動きは、フライ君が屋外にいるホームレスを見かけて「とても寒そう」と呟いたことから始まります。祖母のテリー・ブラントさんがフライ君に「彼らに何かプレゼントしたいと思う?たとえば、毛布とか」と聞くと、フライ君は「おばあちゃんなら毛布を買ってあげられる」と答えました。
「なら、クリスマスプレゼントを1つ諦めて、誰かに毛布を贈りたい?」とブラントさんが問いかけると、フライ君は「OK」とこれを了承し、Xboxの代わりに毛布を買うのであれば30枚は買えると答えたそうです。

フライ君の母親であるサラ・ブラウンさんによれば、一家は3年ほど前、経済的に困窮して家を出なければならなくなり、アシュランド教会が提供している、住居を一定期間借りられる「アクセス」と呼ばれるプログラムを利用したとのこと。フライ君はこのプログラムの利用者向けに60枚以上の毛布を寄付しました。

Y8TVoTAiyz.jpg

毛布にはフライ君からのメッセージカードが付属。カードには「僕が6歳の頃、ママと僕は教会に住んでいました。
彼らは僕に毛布をくれたけど、(施設を離れる際には)毛布を返さなければいけませんでした。
僕はみんなに自分の毛布を持てるようになってほしいです。
今、僕は自分の家で暮らしていて、いつの日かあなたも自分の家で暮らすようになるでしょう」と書かれています。

nCq4swmjTH.jpg

このフライ君の行動をMicrosoftが聞きつけ、フライ君がもともとほしがっていたXboxがプレゼントされることとなりました。

Microsoftのショップ店員たちに拍手で歓迎されるフライ君。
m2v4xPQXRJ.jpg

店内に案内されるとそこにはサンタクロースが待っており……
9cA0iaTt6C.jpg

念願のXboxをプレゼントされることとなりました。
Q86Q5w3aBG.jpg

配信2017年12月18日 10時42分
gigazine
https://gigazine.net/news/20171218-boy-gave-up-xbox/

8: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2017/12/18(月) 19:37:00.96 ID:wptBsU2c0.net
>>1
手の込んだCMだな

9: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2017/12/18(月) 19:37:05.48 ID:2np3Ijzu0.net
マイクロソフト側はどうやってこれを知ったのかな

11: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2017/12/18(月) 19:37:44.63 ID:qtUt0bZp0.net
>>9
広告代理店のプレゼンじゃないかな?

 - 一般

×
バイトリン