Ch.かめうさぎ

カメとウサギが違う速度でニュースを追いかけます

スタートレック:ピカードの魅力は「オールスター」と「日本式ロールプレイングゲーム的展開」

   

スタートレック:ピカードの魅力は「オールスター」と「日本式ロールプレイングゲーム的展開」

star-trek-picard

日本ではAmazonプライムが独占配信している海外ドラマ「スタートレック:ピカード」。この作品は1966年から続く「スタートレック」シリーズの最新作で、シリーズのなかでも最も人気がある作品「新スタートレック」の主人公、ジャン=リュック・ピカードの晩年の生活をドラマ化したものだ。

・レジェンドレベルの登場人物が次から次へと登場
スタートレックピカードは過去のスタートレック作品のなかでも最も未来の世界を舞台としており、過去作品の登場人物が複数登場する。かつては共演することがなかった登場人物同士がからむ点がひとつの魅力であり、まさにオールスターな作品。スタートレックファンにとって、レジェンドレベルの登場人物が次から次へと登場し、物語を紡いでいくファンサービスな作品でもある。

・偉くないただのピカードの物語
また、この作品の魅力はもうひとつある。かつてピカードは惑星連邦宇宙艦隊提督という名誉ある地位にあったものの、スタートレックピカードでは何の地位もない、ただのピカードに。しかし彼は新たな冒険の旅に出るべく、それぞれの分野に長けた仲間を集め、かつてエンタープライズを率いたように、宇宙へと旅立つ。

・信頼度とカリスマ度のパラメーターはMAX
操縦に長けた者、分析に長けた者、科学分野に長けた者、武術に長けた者、そしてリーダーシップがあるピカード。それぞれがそれぞれの得意とする能力を生かし、冒険へと旅立つ展開は、まさに日本式のロールプレイングゲームそのもの。

ピカードはロールプレイングゲームで言うところのレベル1にリセットされた状態だ。しかし信頼度とカリスマ度のパラメーターはMAX。だからこそ、彼についていく仲間がいるし、物語を熱くする。さらに主人公はかつて伝説の艦長とまで言われておきながらすべてを失った男、ピカード。やっぱり熱い。

・最高のシチュエーション
そこに過去のレジェンドキャラクターが登場するのだからファンにはたまらない。これ以上、新たなスタートレックシリーズとして最高のシチュエーションがあるだろうか。今後のスタートレックピカードに期待である。エンゲージ!

【続報】
スタートレック:ピカードのオープニング曲はピカードの息子が笛で吹いていた曲 / 超時空惑星カターン

もっと詳しく読む: スタートレック:ピカードの魅力は「オールスター」と「日本式ロールプレイングゲーム的展開」(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2020/02/15/star-trek-picard-movie-news/

執筆: 桃色のガンダルフ

 - 一般

×
バイトリン