Ch.かめうさぎ

カメとウサギが違う速度でニュースを追いかけます

一年にたった1日だけ、サボテンは美しい花を咲かせる

   

一年にたった1日だけ、サボテンは美しい花を咲かせる

美しい花にはトゲがある──、とはなにもバラだけを例えて言っているわけではない。サンザシやアザミ、そしてサボテンにも。それも一年にたった一日、わずか一晩しか咲かない品種もある。

その一瞬のきらめきを、サボテン愛好家のフォトグラファーEchinopsis Freakが定点観測し続けた動画の美しさに、思わずため息が出てしまった。

とにかくオススメは動画。複数のつぼみが一斉に花開く瞬間は、言葉以上に圧巻だから。

満開の美しさは
わずか2時間たらず

突き詰めていけば、「満開のサボテンの美しさはわずか1時間から2時間ほどしかない」、Echinopsisはこう強調してみせた。

自身のコレクションより、つぼみがふくらんんで開花間近になったサボテンを、きっといとおしそうにカメラの前に運んだに違いない。そこからおおよそ8時間かけてカメラを回し続けるんだそう。こうして、一年間待ちに待った瞬間が訪れる。

開花に50年かかる品種も
奥深きサボテンの楽しみ

サボテンという植物はじつに奥が深い。
この開花ひとつとっても、品種によってバラバラだったり、花がつくのに株の年齢が達していなければ、どれだけ待ってもきれいな花を咲かせてはくれない。なかには種から育て開花を迎えるまでに50年かかると言われる品種(キンシャチ)もある。トゲトゲしいだけがサボテンの魅力ではない、ということか。

さて、昨年、国際自然保護連合(IUCN)が発表した調査結果によると、1,480種といわれる世界のサボテンのうち、約31%が絶滅の危機にひんしていることが初めて明かされた。原因は乱獲。なんでも絶滅危惧レベルは哺乳類や鳥類よりも高く、同連合は「サンゴに次ぐ危機的状況」と警鐘を鳴らしている。

人間の歴史より何倍も長く生きてきたこの植物が、これからも毎年きれいな花を咲かせられる環境であってほしい。

Reference:IUCN
Licensed material used with permission by Greg Krehel

 - 一般

×
バイトリン